<広告>

2017年02月13日

VMware Tools 7.7.0 最終保存版

VMwa.png

ふるーいタイプのVMware Tools 7.7.0

現在見つけるのが非常に難しくなっているかと思われます。

結構困っている人いると思いますので
下記バージョン対応のおそらく最終盤のVMware Tools 7.7.0置いておきます

Windows NT
Windows ME
Windows 98
Windows 95
Windows NT



ぶっちゃけ自分用だったりもしますw




ダウンロードwinPre2k.iso
posted by 109 at 17:47 | Comment(2) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月15日

E-Value ハンディブロワー EBL-500Vの初期不良のご案内

E-Value ハンディブロワー EBL-500V


私はPCやPS3など電子機器のお掃除道具として
E-Value ハンディブロワー EBL-500V使っております
安いのにすごい便利ですよ
今までPCの掃除は掃除機で頑張ってましたが
庭に出てEBL-500Vで埃を吹き飛ばせば一発です!!!
仕事柄大量のPCの掃除をすることが有るのですが
今迄なにをしていたのかと。。。。


んで
今ほどE-Value ハンディブロワー EBL-500VをAmazonで購入したのですが
Amazonさんからこんなメールが届きました

一部抜粋
-----------------------------------
E-Value ハンディブロワー EBL-500V

不具合内容:樹脂成型過程の不備により、送風ファンが破損する場合がある
対象ロット番号:201101×× ~ 201202×× 
※ロット番号は本体右側モータ部分上面に貼付のシールに記載してあります。

つきましては、メーカーにて交換いたしますので、お手元の商品が上記のロット番号に該当する場合、下記メーカー窓口までご連絡くださいますようお願いいたします。なお、ギフト用のご注文の場合は、お受取主のお客様にこの情報をお伝えください。
-----------------------------------
詳細は藤原産業株式会社に載ってます

んまぁ簡単に言うと
ロット番号20110100〜20120299に不具合があるので交換しますって事ですね

なんと私おもいっきりひっかかってましたよw
これ気にしてないと、わからない事だと思いますので
お持ちの方は壊れる前にサポートに連絡しましょうね


でも3000円ほどで買えちゃう商品でもきちんとリコールしてくれるってのは
藤原産業さんは素敵な会社ですね

なんにでもミスはしゃーないですが
ミスった時にちゃんと対応してくれる企業は大切にしたいです!!!



E-Value ハンディブロワー EBL-500V
SK11(エスケー11)
売り上げランキング: 25

posted by 109 at 18:12 | Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月03日

Windows7インストール後に行うこと

Windows7に移行する機会が増えてきたので
windows7をインストールしたらまずやることのまとめ

SNPの無効化
SNPってのはWindows7から乗っかったネットワーク関連の技術ですが
相性が悪いとネットワークが遅くなる場合があるので無効にします
・コマンドプロンプトを管理者として実行
・netsh int tcp set global chimney=disabled
・netsh int tcp set global rss=disabled
・netsh int tcp set global netdma=disabled

LAN Manager認証方式の変更
古いOSと共有する場合(windowsNTとかNASとか)これを変更しないと
ダイヤログがでてきて共有出来ない場合があるので変更しておく
・regeditでレジストリエディタを開く
・HKEY_LOCAL_MACHINE¥System¥CurrentControlSet¥Control¥Lsaまで移動
・LmCompatibilityLevel探す
・なければ、新規→Dword(32ビット)値→ファイル名「LmCompatibilityLevel」→値のデータを2でOK

Windows7 Pro以上なら(Homeには項目が出てこない?)
・コントロール パネル→管理ツール→ローカル セキュリティ ポリシー
・ローカルポリシー→セキュリティオプション
・ネットワークセキュリティ:LAN Manager認証レベル
・NTLM 応答のみ送信するでもOK(レジストリ設定値2と同じ)

共有の詳細設定
これは人それぞれ色々やりかたがありますがとりあえず繋がる設定
・共有の詳細設定
・ネットワークの探索を有効にする
・ファイルとプリンターの共有を有効にする
・共有を有効にして〜
・40ビット暗号化または〜
・パスワード保護を無効にする
・にチェックを入れて変更の保存

共有フォルダ設定
・フォルダを右クリック、プロパティ
・共有→詳細な共有→「このフォルダーを共有する」にチェック
・アクセス許可(P)をクリック
・Everyoneのフルコントロールの許可にチェック→適用、OK

・セキュリティ→編集→追加→詳細設定
・検索→Everyoneを探してOK→OK
・Everyoneのフルコントロールの許可にチェック→適用、OK

ドキュメントの移動
昔のマイドキュメントのようにDドライブにフォルダ指定を行う
・デスクトップなどのフォルダを右クリック
・プロパティ
・場所で任意のパスを指定

他にも思い出したら追記します



posted by 109 at 14:32 | Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。