<広告>

2013年10月22日

鴉 麻耶雄嵩を読んでみた(ネタバレあり)

鴉 (幻冬舎文庫)
鴉 (幻冬舎文庫)
posted with amazlet at 13.10.22
麻耶 雄嵩
幻冬舎
売り上げランキング: 48,231



隠れた地図にも載っていない村で色々起こるミステリーですね

まず村の不思議な雰囲気が上手に書かれているのが印象的です
んで名前が覚えづらいのでよく出てくる名前を解説w
珂允 かいん
襾鈴 あべる
庚 かのえ
頭儀 かしらぎ
この辺りは覚えておくと読みやすいかと思われます
名前が難しいのを除けば非常に読みやすく引き込まれる作品です


ここからネタバレあり






















とりあえずは一番大事なところは村人が色覚異常で赤が認識できず
大鏡しか正常に色を認識できないって所が肝です
この辺りは答えはわからないにしろ、ちょくちょく引っかかるように
色に関連してヒントが出ているので結真相の場面でなるほどねぇ!?
そういう事かと納得できます。

橘花パートが実は自分で過去の話だったってのはビビりましたね
油断してましたw
その流れで庚が珂允でしたと...
はい2度びっくり

松虫が実は生きていて珂允と一緒に逃げてハッピーエンドかと思ったら
珂允死んでしまうん。。。。

まとめると大鏡(野長瀬)が自殺して大鏡不在を隠すために
持統院が反抗に及んだって感じです

うまくミスリードさせながらも矛盾の無い書き方なので非常にいい1冊ですね
おすすめ出来ます

余談
個人的に一番好きだったのが終盤珂允が大鏡と対峙して

珂允-顔を見せろ!!!

幕をばっ!!

メルカトル鮎登場(じゃーん)

珂允-えっ?

持統院-えっ?

って流れで笑いました 

posted by 109 at 17:25 | Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。