<広告>

2013年10月17日

模倣の殺意 中町 信を読んでみた

叙述トリック物の走りみたいなもので有名な作品ですね

さらっと感想
7月7日午後7時に自殺した坂井正夫の事について
中田秋子、津久見伸助の二人の視点で書かれている作品です

叙述トリックなので疑って読んでいるのですが
なんとなく、こういった感じかなってのはわかりますw

ですがさほど長くもなく二人視点でヒントが順番に出てきますし
ここから

「真相だよ」!!!

って節目もありますのでそこを読む前に考えることもできて
非常に読みやすく、うまく書かれている作品かと思います。

書き込みすぎて、わかりづらいものより
初めてこの手の物を読む人にはお勧めです。

おすすめ度
☆☆☆☆

模倣の殺意 (創元推理文庫)
中町 信
東京創元社
売り上げランキング: 23,600


posted by 109 at 11:38 | Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。