<広告>

2014年02月03日

Windows7インストール後に行うこと

Windows7に移行する機会が増えてきたので
windows7をインストールしたらまずやることのまとめ

SNPの無効化
SNPってのはWindows7から乗っかったネットワーク関連の技術ですが
相性が悪いとネットワークが遅くなる場合があるので無効にします
・コマンドプロンプトを管理者として実行
・netsh int tcp set global chimney=disabled
・netsh int tcp set global rss=disabled
・netsh int tcp set global netdma=disabled

LAN Manager認証方式の変更
古いOSと共有する場合(windowsNTとかNASとか)これを変更しないと
ダイヤログがでてきて共有出来ない場合があるので変更しておく
・regeditでレジストリエディタを開く
・HKEY_LOCAL_MACHINE¥System¥CurrentControlSet¥Control¥Lsaまで移動
・LmCompatibilityLevel探す
・なければ、新規→Dword(32ビット)値→ファイル名「LmCompatibilityLevel」→値のデータを2でOK

Windows7 Pro以上なら(Homeには項目が出てこない?)
・コントロール パネル→管理ツール→ローカル セキュリティ ポリシー
・ローカルポリシー→セキュリティオプション
・ネットワークセキュリティ:LAN Manager認証レベル
・NTLM 応答のみ送信するでもOK(レジストリ設定値2と同じ)

共有の詳細設定
これは人それぞれ色々やりかたがありますがとりあえず繋がる設定
・共有の詳細設定
・ネットワークの探索を有効にする
・ファイルとプリンターの共有を有効にする
・共有を有効にして〜
・40ビット暗号化または〜
・パスワード保護を無効にする
・にチェックを入れて変更の保存

共有フォルダ設定
・フォルダを右クリック、プロパティ
・共有→詳細な共有→「このフォルダーを共有する」にチェック
・アクセス許可(P)をクリック
・Everyoneのフルコントロールの許可にチェック→適用、OK

・セキュリティ→編集→追加→詳細設定
・検索→Everyoneを探してOK→OK
・Everyoneのフルコントロールの許可にチェック→適用、OK

ドキュメントの移動
昔のマイドキュメントのようにDドライブにフォルダ指定を行う
・デスクトップなどのフォルダを右クリック
・プロパティ
・場所で任意のパスを指定

他にも思い出したら追記します



posted by 109 at 14:32 | Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。